富山 黒部のご当地調査隊!お菓子や美味しいものたくさん!手みやげ編♪

四季折々に楽しい☆ 昌栄堂の上用饅頭

昌栄堂の上用饅頭

昌栄堂さんは季節に合わせていろいろなお菓子があるから、いつ行っても楽しいよね~。今なら、秋の味覚でさつまいもとか栗とかがイチオシだけど、やっぱり定番はおまんじゅう! どれにするか迷っちゃうな~

季節感を大切に

昌栄堂さんには、旬の素材を活かしたお菓子がたくさんあるが。季節によってお店に並ぶ商品が違っとって、それぞれの季節のお菓子がお目見えするごとに、四季の移ろいを感じるがよ。今は野菜でも何でも季節感がなくなってきとるけど、昌栄堂さんは、「いちばん季節感を出せるのがお菓子じゃないか」って言わっしゃる。お抹茶のときの上生菓子とかが代表的やけど、ちょっと特別って感じで気軽には手がでんがよね...。だから、昌栄堂さんはもっと手軽に食べやすいお菓子として、おまんじゅうで季節を表現しとられるがよ!
季節の上用饅頭は、決まった日があるわけじゃなくて、天候を見ながら入れ替えていかれるがやって。お正月にはその年の干支、それから順に、椿、桃、さくら、菜の花、菖蒲、あじさい、あさがお、秋桜(コスモス)、菊・・・とめぐっていくがよ。皮とかあんとかもそれぞれアレンジしてあって、味だけじゃなく、見た目にも楽しいお菓子ながで、固定ファンも多いらしいよ。

菊上用まんじゅう

黒部ブランドの丸いもを使用

  • あんこを皮でくるんで丸める
  • 蒸す前の上用饅頭(赤)
  • 上用饅頭を蒸す
  • 蒸しあがりました!
  • ひとつづつ包装していきます
  • お祝い用に箱に並べてできあがり!

昌栄堂さんの上用饅頭は、皮に地元の「丸いも」を使っとるが。丸いもはヤマイモの一種で、黒部の特産品。黒部ブランドにも認定されとる自慢の逸品ながよ。高級食材として知られとって、とろろにして食べることもあるけど、和菓子の材料にもなるが。これを生地に使うことによって、ふっくらやわらかな最高級のおまんじゅうになるがよ。
あんも自家製で、黒部の名水で作るから、すっごくおいしいって評判☆ こしあんとつぶあんで二重になっとって、自然でほんのりとした甘みが上品な風味を醸し出しとるが。まるごと入った栗も味わい深くて、感動もんやよ!!
上用饅頭は、ひとつひとつ職人さんの手づくり。はかりなんか使わんでも、分量は手が覚えとるんやって! あっという間にあんこを皮でくるんで、丸めていかれるが。これを蒸したら、おまんじゅうのできあがり♪

新商品にも注目☆

昌栄堂さんには上用饅頭みたいなお祝いのお菓子のほかにも、お団子とか焼き菓子とか、和菓子・洋菓子いろいろあって、全部合わせたら80アイテムもあるがやって。昭和29年(1954)の創業以来、くろべっ子に愛されるお菓子を作り続けておられるが。今みたいに季節を意識したお菓子づくりをするようになったがは10年ほど前からながやけど、行くたんびにいろいろ新作とかもあるから、ついつい買ってしまうがよね~。
平成21年(2009)に佐渡から黒部へトキが飛来したのにちなんで、昌栄堂さんから発売された「ときめき万寿」は、白い皮に、うすい朱色のラインが入ったおまんじゅう。今や黒部の銘菓として、すっかりおなじみになっとるが。世代を問わず、「気軽に入れて楽しいお店」をコンセプトにして、新しい商品の開発にも意欲的に取り組んでおられるがよ。 なにより、作っとる人たちが楽しそう♪ それぞれのお菓子にまつわるこだわりとか、お店で聞かせてもらうのもいいかも。とにかくいっぺん遊びに来てみて☆

かりんとうまんじゅう くろまる
ご当地調査隊 隊長 若栗からの報告
市姫:お菓子やさんの子に生まれたかったがです...! 若栗:毎日好きなだけ...。いいっすね~。 じぃ:何を言うとるがですか!

黒部のご当地ほうこくしょ。手みやげ編その3:昌栄堂の上用饅頭

取材させていただいたお店・品 昌栄堂(黒部本店)
上用饅頭
価格 上用万寿「和」栗入り(10個詰め合わせ)
2,153円
TEL 0765-54-0002
住所 黒部市三日市1078-1
備考 〈ホームページ〉
https://www.syoueidou.co.jp/
〈営業時間〉
平日/9:00~18:30
土日祝日/8:00~18:30
〈定休日〉
不定休(水曜日)

(2011年11月11日)

黒部の食と観光応援サイト 黒部藩とは?!

黒部藩 twitter 太陽の守、市姫が運営中。黒部の観光・イベント情報も発信!

富山第一高校サッカー部 大塚監督 優勝記念特別インタビュー

黒部のご当地調査隊

旅の見所 黒部の名所

4月25日「 黒部市地域観光ギャラリー」を公開しました!

教えて、達人!黒部講座

8月9日 大家庄スマイルの記事を公開しました!

黒部の湯めぐり

2月14日「ホテル桃源」を公開しました!

黒部藩認定商品をお取り寄せ 特産問屋

スタッフブログ 黒部藩絵巻

黒部藩りんく~観光・黒部情報リンク~