富山 黒部のご当地調査隊!お菓子や美味しいものたくさん!手みやげ編♪

北の国からの昆布ロード 四十物昆布のとろろ昆布

四十物昆布 とろろ昆布

とろろ昆布のおにぎりとか、昆布〆とか昆布は富山県民にとって欠かせん食材やちゃね。富山県で昆布がとれるわけじゃないのに消費量が日本一って不思議やね。さっそく調査してこんと!

北前船と富山の食文化

富山県民の食文化を語るうえで欠かすことができないのが昆布。富山県民は昆布が大好きで、一世帯当たりの昆布消費量が日本一ながよ! 昆布は寒い地域の海で育つ海藻で、日本で採れる昆布の90パーセント以上は北海道産なが。昆布の採れない富山県でどうしてこんなに昆布がたくさん消費されるかというと、昆布のふるさと北海道と富山には深いつながりがあるからなが。
日本での昆布の歴史は古く、一般的に食べられるようになったがは海上の運送が盛んになった江戸時代に入ってからなが。江戸から明治時代にかけて活躍した北前船は、北海道から日本海の沿岸を通って大阪までを行き来し、各寄港地の作物や産品を運んだが。富山も北前船の寄港地で、北海道から昆布やニシンが運ばれ、富山からはお米や薬が積みこまれたがよ。
やがて、鉄道など陸運が整備されていくと北前船はなくなっていったがやけど、江戸時代の後半には日本各地から北海道を開拓するための出稼ぎが盛んになったが。その中でも根室と北方領土の歯舞群島には、黒部市の、特に生地から多くの人が移住して開拓にあたったが。四十物(あいもの)昆布さんも北海道の漁業の開拓に携わられた歴史があるがよ。

なんと指示棒が昆布(笑)

昆布屋でござる

黒部市生地にお店を構える昆布専門店の四十物(あいもの)昆布さん。四十物(あいもの)ってあまり聞かないお名前ながやけど、四十物(あいもの)という言葉の意味は、一般に鮮魚と干物の中間の汐魚のことをいうそうで、こういった商品をあつかう海産物問屋さんや北前船の船頭・船首が「四十物屋」って屋号を名乗ったん。黒部市生地は古くから漁業で栄えた町で、水産会社や魚問屋、鮮魚店が多いところなが。四十物という姓も数軒あり、四十物町という地名もあるがよ。
四十物昆布さんは、昭和10年ごろに網元として北海道の利尻島に乗り出し、利尻で獲ったニシンを肥料として農家に販売したり、海産物商として棒タラや昆布などを全国に販売したりしとったが。その後、昭和24年(1949)にとろろ昆布屋さんとして創業。当初は利尻昆布の専門店やった四十物昆布さんやけど、今では最高級品の羅臼昆布からお手軽おやつの昆布ゼリーまで約150もの昆布製品を揃えとるがよ。北海道産の昆布には大きく分けて7種類あって、採れる産地によって口あたりや持ち味が違い、それぞれに合った用途で使われるがやって。四十物昆布さんは昆布のことなら何でも知っとる地元では有名な昆布屋さんながよ!!

昆布にはたくさんの種類があります!

白とろろVS黒とろろ ~富山のとろろ昆布事情~

  • 乾燥した昆布。加工前
  • 白とろろ用の昆布
  • 黒とろろ
  • とろろ昆布を作っているところ
  • 白とろろ昆布はふわふわ☆"
  • 黒とろろ昆布と白とろろ昆布

昆布と一言で言っても、出汁用の昆布もあればおやつに食べるおしゃぶり昆布、昆布茶など、いろんな形になっとるよね。 富山では、お刺身を板状の昆布に挟んで少し寝かせてから食べる昆布〆が郷土料理として有名ながやけど、富山ならではの定番の食べ方と言えばとろろ昆布のおにぎりながよ!!
昆布のおにぎりというと、全国的には昆布の佃煮が具になっとるおにぎりながやけど、富山で昆布のおにぎりというと、海苔の代わりにとろろ昆布で包んであるものを言うが。とろろ昆布には白と黒があって、富山のご当地グルメといえば黒とろろ昆布のおにぎり。白は口に入れると優しくふんわり溶けるような食感ながやけど、黒にはしっかり昆布の食感があるが。味とか香りも強めやちゃね。
四十物昆布さんには、使う昆布の種類や削り方で味も食感も多様になるとろろ昆布が、なんと18種類もあるが。早くから漁業の開拓者として北海道に入られ、昆布を知り尽くしたからこその品揃えながやね。店内では実際に昆布を削っとるところも見れるがで、ぜひ黒部に来られる際は、四十物昆布さんに足を運んで自慢のとろろ昆布を試してみられませ!

ご当地調査隊 隊長 若栗からの報告
若栗:おにぎりを2個買ったら1個はとろろ昆布のおにぎりになってしまう。 市姫:どんどん焼にもとろろ昆布は欠かせんがです☆ じぃ:じぃはとろろ昆布に醤油をちょっとたらしてお湯を注いで飲むすまし汁がいいのです。

黒部のご当地ほうこくしょ。手みやげ編その15:四十物昆布 とろろ昆布

取材させていただいたお店・品 四十物昆布
とろろ昆布
価格 上黒とろろ(大)72g 420円
※他にもたくさんの種類のとろろ昆布があります!
TEL 0765-57-0321
住所 黒部市生地中区339-5
備考 http://www.aimono.com
〈営業時間〉
8:00〜17:30
〈定休日〉
元日

(2012年11月15日)

黒部の食と観光応援サイト 黒部藩とは?!

黒部藩 twitter 太陽の守、市姫が運営中。黒部の観光・イベント情報も発信!

富山第一高校サッカー部 大塚監督 優勝記念特別インタビュー

黒部のご当地調査隊

旅の見所 黒部の名所

4月25日「 黒部市地域観光ギャラリー」を公開しました!

教えて、達人!黒部講座

8月9日 大家庄スマイルの記事を公開しました!

黒部の湯めぐり

2月14日「ホテル桃源」を公開しました!

黒部藩認定商品をお取り寄せ 特産問屋

スタッフブログ 黒部藩絵巻

黒部藩りんく~観光・黒部情報リンク~